会社概要

ご挨拶

弊社は地盤の調査をはじめ軟弱地盤の諸工法による改良、並びに補強工事を手掛けております。また、それらに用いる固化材の製造販売を行っており、中でも無公害固化材は、地球全体を視野に入れた環境保全を確立するものとして斯界から注目されているものです。また、有毒重金属である六価クロム対応固化材に関しても業界に先がけ開発し発表させていただいております。 これらの技術をもとに、ヘドロも貴重な資源であるをモットーに建設残土の有効利用のシステムとしてリフォームマット工法を確立し、国土の浄化とリサイクル率の向上に貢献したいと考えております。

会社概要

商号 株式会社オートセット
所在地 本社 〒571-0002
    大阪府門真市岸和田3丁目46番25号
       TEL 072−803−6890
       FAX 072−803−7222
       e-mail info@aughtset.com
創立 昭和58年2月1日
資本金 10,000,000円
代表者 代表取締役 社長  丸岡 克己
建設業許可 大阪府知事(般-9)第87604号
建設業の種類 / 土木工事業・管工事業・機械器具設置工事業
所属学会 社団法人 地盤工学会

営業品目

〔I〕オートセット固化材製造販売部門
品番
配合
用途
#3100
粉体のみ
無公害処理用
#3200
粉体のみ
軟弱地盤・高含水処理用
#3500
粉体のみ
六価クロム対応用
#4000
粉体:A液
瞬結固化処理用
ムキフロック
水質により添加量決定
廃水処理・池水・浄化
〔II〕工事施工部門
1
浅層・深層地盤改良工事施工
2
薬液注入工事に伴う諸工事
3
河川・湖沼・海域等の汚泥浚渫工事施工
4
汚染土壌の不溶化処理
5
改良杭工事及び既成杭工事施工
6
グランド・公園・遊歩道工事施工
7
産業廃棄物固化処理工事施工
8
重金属汚泥土壌無公害化固化処理工事施工
9
擁壁建物基礎地盤改良工事施工
10
スウェーデン式サウンティング試験・ボーリング調査
表面波(レイリー波)探査
11
人工支持層構築工法
12
残土利用リフォームマット(ヘドロマット)工法
13
液状化・地震対策工事施工

このページのトップへ

沿革

▼昭和50年6月
 株式会社タクマにて下水汚泥及び産業廃棄物処理の一環として
 固化材オートセットを開発し、同社環境設備本部オートセット部として発足。
▼昭和57年11月
 株式会社タクマより、株式会社オートセットとして別会社に分離独立。
 固化材オートセットの製造販売、並びに施工工事会社として発足。
▼昭和59年9月
 全天候型クレーテニスコート商品、オートコートを発表。
▼平成元年3月
 無機系凝集沈降剤商品ムキフロックを発表、販売。
▼平成9年12月
 建設発生土リサイクルシステム、リフォームソイルマット工法を発表。
▼平成11年9月
 大阪府より研究開発事業計画に係る認定授与。
 大阪府認定(大阪府指定工第522-10号)
▼平成11年12月
 建設省より民間開発新技術、新工法の認定授与。
 建設省認定(NETIS登録 No.KK-980096)

このページのトップへ

取得特許権

昭和59年4月 サンドパイルを兼備するスラグパイル工法
平成元年7月 深層固化軟弱地盤改良装置
平成2年7月 ヘドロなどの固化方法
平成2年10月 透水性路盤
平成4年5月 ミキシング搬送装置
平成7年4月 固化材並びにこれを用いた地盤改良材及び地盤改良方法
平成7年8月 固化補強構造物及びその製造法
平成8年10月 セメントスラリーの小規模製造装置
平成9年1月 水中懸濁物の凝固分離方法
平成9年7月 共廻り防止付地中地盤の改良装置
平成9年7月 地中地盤の改良装置
平成17年5月 ピット及びそれを利用した地下室の構築方法
平成19年9月 鋼管杭
平成20年2月 地盤調査の方法
平成22年4月 拡底管杭を使用した基礎構築方法
平成22年12月 地盤改良工法
2009年1月 組装式鋼管柱(中国)
2012年4月 地盤の液状化防止用地中壁

このページのトップへ

平成27年5月現在