ALKTOPⅡ工法は大切な資産と安心を支えます。
支持力性能・施工法・経済性を追求した環境にやさしい杭工法です。

建設技術性能証明
 GBRC性能証明 第17-37号
国土交通大臣認定工法
 認定番号TACP-0609:先端地盤:砂質地盤(礫質地盤を含む)
 認定番号TACP-0610:先端地盤:粘土質地盤

 

工法の特徴

支持力性能・施工性
一定ピッチのスパイラル状の2枚翼とすることで、地盤の乱れを抑え、安定した支持力を発揮します。
また、独自の先端形状により、施工時の回転トルクを抑え施工性の向上を図りました。


経済性
軸部の杭径に対して先端部直径は、Φ89.1~139.8では最大で4.5倍、Φ165.2~355.6では最大3.0倍の先端部品をご用意しています。豊富なラインナップの中から、最も経済的な杭をご提案します。


環境にやさしい
残土や産業廃棄物発生させず、セメント系固化材を使用しないため、環境にやさしい工法です。また、打撃や掘削を行わないため、低騒音・低振動で、近隣の工作物に近接した施工が可能です。

※詳しくは下記のPDFをご覧ください。
ALKTOPⅡ工法カタログ(PDF)