袋詰の固化

フレーム嵌込形式

急傾斜のフレーム内に嵌込む形式のリフォームマットの製作を行う。充填材として建設残土、汚泥などを用い、固化材の貧配合により緑化を行う。残土などの発生現場にて多量生産を行い野積み備蓄が可能です。

袋状布型枠

築堤などの埋立材として使用します。護岸などへの適用も可能です。

これらの技術をもとに、ヘドロも貴重な資源であるをモットーに建設残土の有効利用のシステムとしてリフォームマット工法を確立し、国土の浄化とリサイクル率の向上に貢献したいと考えております。お問い合わせお待ちしております。