エルコラム工法は、株式会社エルフが開発したセメント系固化材のスラリーを吐出しながら地盤を掘削攪拌することで、柱状の地盤改良体を築造するスラリー系機械攪拌式深層混合処理工法です。
従来の掘削撹拌機では、特に粘性度に対して、先端よりスラリーを送るだけでは平面方向に均質に固化材が拡散されにくい傾向にありましたが、本技術は、固化材の拡散効率を高めたEノズルによりスラリーを注入することで、地盤と固化材スラリーの混合攪拌性能を向上させることを意図して開発した工法です。

建設技術性能証明

GBRC性能証明 第13-07号

工法の特徴

攪拌混合装置
固化材の拡散効率を高めたEノズルによりスラリーを注入することで、土とスラリーが均一に混ざりやすくなり、掘削力と攪拌力を強化します。
施工管理装置
深度、速度、回転数、羽根切回数、積算流量などを管理装置でモニターできます。
品質管理

原則、頭部コア・全長コアで管理します。均質性を一軸圧縮強度で評価できます。小規模建築物の場合は、施工直後に未固結改良土採取器を用いてモールド供試体を採取します。

施工工程

基本的な施工フロー
①コラム位置セット、掘進攪拌
②固化材注入、混合攪拌
③所定深度、先端練り返し
④引き上げ攪拌
⑤施工完了

適応範囲






適応地盤 砂質土地盤、粘性土地盤
建物の規模 建築物、擁壁および工作物の基礎地盤
建物の規模 小規模建築物 小規模建築物 以外
改良最大径 Φ500mm~Φ800mm Φ500mm~Φ1300mm
改良最大深度 10m 16m

※小規模建物とは、地上3階以下・高さ13m以下・軒高9m以下・延べ面積500㎡以下の建物


※詳しくは下記のPDFをご覧ください。
エルコラム工法カタログ(PDF)